臨床試験とはどんなもの

ひざサポートコラーゲンは、臨床試験の結果により、膝関節の曲げ伸ばしが改善されたとい傾向が認められています。

▼ひざサポートコラーゲンの臨床試験について

ひざサポートコラーゲンは、事業者が臨床試験を行い、その結果を消費者庁長官に報告して機能性表示食品となっています。

臨床試験は、ひざサポートコラーゲンを製造販売している事業者が行い、その結果膝関節のの曲げ伸ばしが改善されたという傾向が確認されています。

ただし機能性表示食品といっても、薬とは違います。

食品と名がついているのも、あくまでも食品、サプリメント、健康食品という位置づけだからです。

≪関連サイト≫⇒トクホ(特定保健用食品)とか栄養機能食品って何?

ただし臨床試験で効果が認められているため、続ける事による効果は期待できます。

▼臨床試験の対象者

ひざサポートコラーゲンで行われた臨床試験について紹介します。

臨床試験に参加した人は、40歳から78歳までの男女29名です。

ランダムに2つのグループに分け、15人のグループにはひざサポートコラーゲンを、14人のグループにはプラセボを、1日5gをそれぞれ16週間摂取し続けます。

取り入れ方は、ひざサポートコラーゲンと同じように、コーヒーやお茶などの飲み物に混ぜるという方法です。

16週間後、15人の方には、膝関節の曲げ伸ばしが改善する傾向が見られたのに対し、14人のプラセボグループには、ほとんど効果が見られなかったという物です。

▼まとめ

臨床試験である程度効果が実証されているから、安心して取り入れる事ができます。